シドロモド記(レゴの作り方)

LEGOクラッシックを使ったオリジナルの作り方を公開しています。

超上がる凧!オススメの凧とタコ糸 (冬は子供と凧揚げ)

【スポンサーリンク】

f:id:shidoromodoki:20160128003123j:plain

冬は寒くて子供を外に連れて行くのが億劫ですよね。水族館やイオンなどのショッピングモールだったり室内で過ごせる場所に遊びに連れて行く事が多いのでは無いでしょうか?

でも冬も健康的に外で運動させたいですよね。そこでオススメしたいのが親も子供も楽しく遊べる"凧揚げ"です。めっちゃ楽しいですよ。

本記事ではオススメの凧なども紹介します。

 

 

なぜ凧揚げをする事になったのか

屋内ばかりは駄目だなと先々週、近所の公園で子供たちと自転車の練習をしていたとき、飛んでいる凧を見て長女が「凧揚げやりたい♪」と言いました。

家に帰ってからもずっと「凧揚げやりたい」と言っているのでamazonで調べて凧と安いタコ糸を買って先週凧揚げに行ってきました。

凧揚げって幼児には難しくない?

f:id:shidoromodoki:20160128030938j:plain

余裕です。5歳でもこのとおりです。

冬は夏より風が吹きます。(無風のほうが少ない)


飛ばし始めだけ風向きと反対方向に軽く走れば勝手に上がっていきます。

上がっちゃえば後は基本放置です。


落ちそうになってきたら

  1. 腕を上下に凧に鞭を打つ感じで引っ張らせます。
    「ペンギンの腕振りよ」と教えました。
  2. それでも落ちる場合は凧の落ちる方向と逆に軽く走ります。

f:id:shidoromodoki:20180108172836j:plainここまで高く上げるには写真左下に写っているタコ糸がお勧めです。
こちらは本文最後に紹介します!

今時の凧は高性能

と、こんな簡単にあがってしまいましたが
私が子供のころはこんな簡単にあがらなかった記憶が。

2個の目がプリントしてあってナイロン性のちょっと重たい凧をみんな持っていた記憶が。私はamazonレビューがとても良かった凧を買ったのですが本当に簡単に飛んでくれました。

オススメの凧

■凧本体(見た目もカワイイです)

当時、筆者の購入したものは取り扱いが無くなってしまったのですが以下がOEM的な製品になると思います。

 

本当とても簡単に揚がります!
横幅:約1.2m(結構大きいので他の凧に差を付けれます)
送料込み1000円ちょっとで買えるのがありがたいです。

おもちゃコーナーでよく見る三角形のキャラプリント系の凧は昔のイメージと同じで幼児が飛ばすのが難しそうです。

■タコ糸(手軽なタイプ)※オススメタコ糸はもう少し下でご紹介します。

 

JBSO 凧糸 ボビン巻 スティック型 80m

Amazonはこちら

JBSO 凧糸 ボビン巻 スティック型 80m

  • 出版社/メーカー: オカムラ技研
  • メディア: Tools & Hardware

 

 

セット(色々揃えるのは手間という方には)

これさえ届けばすぐに始めれそうですね。

 

さらにお勧めの凧上げグッズ

上記、タコ糸なのですが安くて良いのですが糸回収が非常に手間です。クルっと1巻きで10cm程しか巻けません。約50m揚げたは良いが回収するのに10分以上かかるという事が起こります。(腕がパンパンに...まぁゆっくり回収すれば良いですが。)

そこで次回はもっと楽に、そしてもっと高く飛ばしたいと思い買ったのがこちら
めっちゃ高く上げられ、糸の回収も楽々!

 

実際に買ってから使ってみました。

f:id:shidoromodoki:20180108173805j:plain

軽くここまで上げて、

f:id:shidoromodoki:20180108173231j:plain
ここまで来ると公園、広場で一番高く揚げれている感じです。でもさらに、

f:id:shidoromodoki:20180108173311j:plainこの日は風が安定していたので、150M以上上げてみました。
もうその辺の凧より3倍は上に行っています。ちょっとした優越感も感じれます。
(この米粒感、写真では伝わらないのが残念です)

巻き取りも楽々です。

一方の手で真ん中のグリップを握り、もう一方の手でドラムを回し糸を巻き取る仕組みです。
1巻き約0.5M、釣りのリール感覚であっという間に凧を回収できます。
こちらも1000円ちょっと。

あと、軍手も有った方が良いです。
巻き取りもパワフルなのですが、風が強い時は糸が出て行くスピードも凄く、リールから手を離した状態だと高速回転しているリールにうっかり指等が触れると結構痛いです。糸を出すときはリールから手を離さず、回しながら出す様にしてください。

最後に

初めて凧揚げをやった長女はとても楽しそうで目をキラキラさせて居ました。

親もも小さい子供も屋外で健康的に楽しめる遊び!

冬は子供と何して遊ぼうか悩まれているパパ、ママには凧揚げをお勧めしたいです。

 

当サイトの説明書は個人でプリントアウトしてご利用されるのは問題ありませんが、それを複製、第三者に譲渡することはご遠慮願います。 完成したら是非、FACEBOOKやインスタグラムで投稿して頂けると嬉しいです!